地方のエンジニアがフリーランスを目指すならPE-BANKに登録しよう

地方在住のエンジニアでも利用しやすいPE-BANK

現在、フリーランスITエンジニア向けのエージェント企業が数多く存在します。

会社員からフリーランスに転身されるのであれば、まずはエージェント企業を利用するのが成功への近道であると私は考えます。

ですが、そういったエージェント企業はどうしても東京に偏りがちです。
地方ではなかなか利用可能なエージェント企業は少ないです。

結構有名なエージェント企業さんでも、会社のホームページを見ると東京以外に拠点を構えているところは残念ながら少ないのです。
大阪や名古屋、福岡などはそこそこあるみたいですが、それ以外の地方都市となると、なかなか拠点が無いのが実情です。

そもそもエージェント企業って何?という方は、ぜひ以下の記事をご覧ください。

いきなり一人で頑張る前にエージェントを頼ろう このブログをご覧になっている方は、少なからずフリーランスという働き方に興味を持たれていることか...

そんな中、全国主要都市に支店があり、この業界最古参のエージェント企業があります。
それがPE-BANK

札幌在住の私が実際に登録しているエージェントさんです。
地方在住のエンジニアがフリーランスを目指すのであれば、PE-BANKへの登録をおススメしています。

東京本社をはじめ全国に支店あり

このPE-BANKという会社ですが、何と創業30年以上の老舗エージェントなのです。30年以上も前から、既にフリーランスエンジニアという働き方が存在していた事自体が驚きですよね。

PE-BANKは、もともと「首都圏コンピュータ技術者協同組合」という名称の組合でした。
つまり、フリーランスITエンジニア自身が作った組合が母体となり、現在のPE-BANKが存在しているのです。

エンジニア自身で構成されていた組合がベースになっているという事だけでも、「PE-BANKはフリーランスITエンジニアのための会社なのだ」という信頼感を得られますよね。

2018年11月時点での情報ですが、PE-BANKは東京の本社をはじめとして、全国7カ所に支店があります。北海道、東北、中部、関西、岡山、広島、九州に支店がありますね。
それと、京都営業所もあるようです。

全国を網羅していますので、地方在住のエンジニアにとっては大変貴重な存在だと思います。

今のご時世だと、地方に支店がなくとも、東京のエージェント企業から地方の案件を紹介してもらう事も出来なくはないと思います。
ただ、日頃から地元の企業に対して営業をかけて、取引先と信頼関係を築いているエージェントがいる支店は、我々地方のエンジニアからすれば信頼度が違います。

詳しい情報については、PE-BANKのホームページより確認してみてください。

株式会社PE-BANKのホームページへ

全国でキャリア相談会を開催

私がPE-BANKに登録したきっかけは、札幌でたまたま開催されていたキャリア相談会でした。「適職フェア」という名称で開催されています。
2017年1月に開催されましたが、そこでフリーランスITエンジニアという働き方を知ることができました。

主な内容は、そもそもフリーランスITエンジニアとは?というお話から、実際にPE-BANKがエンジニアにどのようなサポートを行っているのか、どうすればPE-BANKのエンジニアになれるのか、契約締結から最初の報酬を受け取るまでの流れなど、かなり具体的な内容を説明して頂けました。

私が参加したときは、参加者はさほど多くはなかったと思います。
ただ、おかげで気兼ねなくPE-BANKの方とお話することができました。
この相談会に参加したことで、フリーランスITエンジニアのメリットとデメリットを十分理解したうえで、フリーランスへの転身に向けて動き出しました。

他の参加者の中には、相談会の最中に具体的な案件紹介を受けていた方もいらっしゃいました。その姿に私も少なからず刺激を受けましたよ。

2018年も1月に相談会が開催されたようです。この分ですと、札幌は2019年の1月にまた相談会があるかもしれません。北海道でフリーランスエンジニアへの転身に興味がある方はぜひPE-BANKのホームページで相談会スケジュールを確認されてみてはいかがでしょうか。

2020.08.20追記

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、現在はオンラインで適職フェアが開催されています。感染の不安を感じることなく、自宅からリラックスした状態で参加できるのは良いですよね。

会場まで移動する手間も省けるので、これまで参加を躊躇されていた方も一気にハードルが下がるのではないでしょうか。
まずは気軽に相談することから始めましょう。

独立を考えるITエンジニアの方へ【Pe-BANK】

北海道支店はエンジニア同士の繋がりが強い

私は札幌在住で、北海道支店に登録しています。
PE-BANKでは、年に2回、全国のエンジニアが集まるイベントが東京で開催されています。
イベントでは、他の支店のエンジニアの方々と接する機会があるのですが、他の支店と比べると北海道支店はエンジニア同士のつながりが強い印象です。

PE-BANKが開催するイベントについては、以下の記事もご参照ください。

2019年6月22日、東京で行われた「プロエンジニアフォーラム2019」に参加してきました。私は今回が2回目の参加となりましたが、こちらの...

東京に比べれば、登録しているエンジニアの数は当然少ないですが、その分地元のエンジニア同士で助け合う意識が強いのかもしれません。

他の支店では、中部支店のエンジニアさん達も繋がりが強い印象でした。
中部支店では、定期的にエンジニア同士での勉強会も開催されていると聞きますし、スキルアップに関しても活発に活動されているのは素晴らしいと思います。

地方にお住いのエンジニアの皆さんも、フリーランスを検討される場合には地方だからと諦めずに、地元から近いPE-BANKの各支店にコンタクトを取ってみることをオススメしますよ。

もしフリーランスへの転身を検討されている方で、「いきなりPE-BANKにコンタクトを取るのはちょっと。。。」という方がいらっしゃいましたら、当ブログのお問合せフォームにてご連絡を頂ければ、気になっている点やご質問等にお答えさせて頂きます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする