プロエンジニアフェスティバル2019参加レポート

札幌から参加でも交通費補助が出ます

2019年12月14日、東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾートで開催された「プロエンジニアフェスティバル2019」に参加してきました。

PE-BANKというフリーランスエンジニアのエージェント企業が主催するイベントで、PE-BANKを通してお仕事をしている全国のエンジニアが集まって交流を深めるイベントとなっています。

私がPE-BANKのプロエンジニアとして事業を開始してから、今回が初めての参加でした。今後PE-BANKの利用を検討されているエンジニアの方や、PE-BANKに登録しているものの本イベントにまだ参加した事が無い方向けに、今回の体験内容をレポートしたいと思います。

私は札幌在住で、PE-BANK北海道支店に登録しているエンジニアです。
毎年12月に行われるこのイベントに参加するには、当然ですが札幌から東京までの交通費がかかりますし、ホテルも確保する必要があります。
東京近郊にお住まいであればまだしも、札幌などの遠隔地であれば、イベントに参加するだけでかなりの費用が掛かってしまいます。

ですが、PE-BANKでは、このイベントに参加するためにかかった交通費を補助する制度があるので安心です。イベント参加後に交通費申請を行えば、上限はあるものの後日代金を補助してもらえます。
完全に全額補助ではないのですが、私の場合はパックツアーの料金が補助対象となっています(往復チケット代+ホテル宿泊代)。
これなら交通費を気にせず参加できるので嬉しいですね。

そもそもPE-BANKって何?と思われた方は、以下の記事を先にお読みいただくと良いかと思います。

地方在住のエンジニアでも利用しやすいPE-BANK 現在、フリーランスITエンジニア向けのエージェント企業が数多く存在します。 会社員から...

前日入りで知り合いのエンジニアと交流

さて、今回のプロエンジニアフェスティバルですが、前日のうちに札幌から東京まで移動しました。知り合いのエンジニアの方々とフェスティバルの前日に東京で集合して飲み会を楽しんで、翌日のフェスティバルも楽しんでしまおうという魂胆です。

札幌からの高速バス社内で、USBコンセントがあるのに驚きつつ新千歳空港まで向かいます。つい半年前に東京に行った時にはまだバス社内にUSBコンセントは無かったので意外でしたね。

この時期の北海道はまだ積雪はさほど無いのですが、今年は特に雪が少なく、新千歳空港に着くとほぼ雪が無い状態でした。
欠航のリスクが無かったのはラッキーでした。

ほら、下の写真を見ても、雪が何にも無い。

ほんとに12月か?と心で北海道にツッコミながら、羽田行きの便に乗りこむのでありました。

で、今回の宿は舞浜駅へのアクセスが良い東京駅から近いビジネスホテルにしました。八重洲口から近い「京王プレッソイン東京駅八重洲」。
オープンしてからまだ日が浅いようで、部屋はかなりキレイでした。

値段のわりに朝食ビュッフェのクオリティも高く、来年またPE-BANKのイベント参加時にはリピートしたいくらいです。

で、初日の夜は同じPE-BANKの福岡支店所属のエンジニアさんとそのご友人との飲み会に参加させていただきました。
皆さんなかなかお酒がお強いので、ついつい普段以上に飲んでしまいました。

想像以上に豪華なイベントに驚き

2日目は前日のお酒が若干残っていたせいか、チェックアウトギリギリまで部屋で酔いをさましておりました。
チェックアウト後、東京駅から初めて京葉線に乗り、舞浜駅へ直行。

今回の会場となったのは、「東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾート」。
ディズニーランドに隣接するホテルで、ここ数年はこちらのホテルが会場になっているようですね。

私は最後にディズニーランドに行ったのはもう10年も前の事ですが、JRで舞浜駅まで来たのは今回が初めて。
駅から徒歩ですぐかなと思っていたら、ホテルまでは徒歩で20分以上歩くことを知らずに来てしまいました。

あわててシャトルバスを探して乗ったのですが、間違って隣のホテルに着いてしまう始末。
隣だけど、徒歩だとそこそこ距離があって移動に疲れた。。。
「東京ベイ舞浜ホテル」と「東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾート」という2つのホテルが隣接してるんですね。他にも間違って行った人多そう。

何とかホテルに到着し、受付を済ませていざ会場となるホールの中へ。
まず感じたのが、お子さんがたくさんいた事です。
もちろん一般の利用客もいるのですが、フェスティバルの受付を済ませたエンジニアの方は家族連れが多く、家族でこのイベントを楽しみに来たという感じでしたね。

私も小学生の娘がいるのですが、たまたま習い事のピアノの発表会と日程がかぶってしまい、やむなく今回は私一人での参加となりました。

ホールに入ると、その広さにびっくり。
上の写真の通り、かなり広いのが分かりますよね。
この写真の時はオープニングセレモニーのため若干薄暗くなっていますが、この後はちゃんと明るくなっていますのでご安心を。

例えがイマイチかもしれませんが、まるで政治家のパーティーのような豪華さでした。少なくとも、過去に働いていた会社でこんなに豪華なイベントに参加した記憶が無いです。

とりあえず私が所属する北海道支店のエンジニアさんが集まるテーブルを探します。しかし、とにかく人が多すぎるので探すのが一苦労。
おまけに、私もまだ同じ支店で知らない方も多いので、広い会場を隅々まで歩いてようやく見つけました。

ここで私、致命的なミスを犯してしまったのですが、この後出てきたビュッフェの写真を一枚も撮っていませんでした。。。
あまりに美味しくて、食べるのに夢中で写真を撮ることをすっかり忘れていました。すみません。次回はちゃんと撮ってきます。

イベント自体は、色々な方のご挨拶やゲストの方のパフォーマンスなどあるのですが、基本的には立食パーティー形式なので、皆さん自由に食事をしたりお酒を飲んだり会話をしたり、それぞれ自由に楽しむスタイルです。

写真が遠すぎて分かりにくいのですが、今回は綺麗なマジシャンのお姉さんがゲストとしてパフォーマンスをされていました。
面白かったのですが、何でも去年はテレビにも良く出るものまね芸人の方が出ていたらしく、それに比べると若干知名度的には低いゲストだったかも。
来年、どんな方が呼ばれるか期待したいと思います。

でもエンジニアのご家族の皆さんはマジックショーを存分に楽しんでいた様子でしたね。特にお子さんはステージにかぶりつくように真剣にマジックを見ていました。

とかくフリーランスって不安定だとか言われがちですが、このイベントに家族を連れてくれば、家族の不安も解消できると思います。
私も会社員時代より今の立場のほうが胸を張って家族に紹介できますよ。

来年こそ家族とディズニーランドに行くぞ

先程、本イベントの交通費について補助が受けられるとお話しましたが、実は同伴の家族についても人数の上限はあるものの補助してもらえるんです。
すごいですよね、正社員でもないのに自分と家族の交通費が補助されるなんて。

さらに凄いのが、何とディズニーランドのチケットも無料で支給されるんです!
私の周りには、イベント終了後にそのままチケットを受け取ってディズニーランドに向かうご家族が沢山いました。

もはや普通の会社の福利厚生を超えるレベルだと思います。
おそらく他のフリーランスエージェント企業でここまでエンジニアに還元する会社は無いでしょう。

イベント終了後に聞いた話ですが、今回このイベントに参加したエンジニアが約400人で、そのご家族やPE-BANKの社員まで合わせると何と1000人もの人が参加されたそうです。
ちょっとした大企業の福利厚生イベントのような規模ですね。

私は今回は子供の習い事の都合で家族を連れて来れませんでしたが、ぜひ来年は家族とプロエンジニアフェスティバルに参加し、そのままディズニーランドに行きたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする