PE-BANKのサポートは会社員以上の手厚さでヤバい

私は現在、PE-BANKに登録しているプロエンジニアという立場で仕事をしています。

プロエンジニアとは、PE-BANKとプロ契約を結んだ個人事業主の呼称です。

PE-BANKとは、フリーランスITエンジニアの代わりに発注元企業への営業や事務手続きを代行してくれるエージェント企業です。
現在の私の常駐先も、PE-BANKからご紹介頂いた企業様です。

PE-BANKにつきましては、下記の記事もご参照ください。

地方在住のエンジニアでも利用しやすいPE-BANK 現在、フリーランスITエンジニア向けのエージェント企業が数多く存在します。 ...

当然、私はフリーランスなので、会社員のような福利厚生は無い、、、と思われがちなのですが、実態は少し違います。

あくまで私の感想ですが、会社員時代よりも手厚い福利厚生をPE-BANKから受けられると思います。

「個人事業主なのに福利厚生なんておかしいじゃないか?」と思われるかもしれませんが、具体的にどのようなサポートが受けられるか、ごく一部ではありますが実際に私が利用して良かったと思えるサポートを実例としてご紹介いたします。

確定申告サポート

フリーランス(個人事業主)と言えば、毎年「確定申告」を行う必要があります。
会社員からフリーランスに転身されたばかりの方は、この確定申告にとてつもなく高いハードルを感じてしまいます。

実際私もそうでした。
「そもそも確定申告って何をすればいいの?経費って?控除って?」という状態からスタートしています。

しかし、PE-BANKはこの確定申告について非常に親身になってサポートしてくれます。
毎年11月頃になると、来年の確定申告に向けた説明会を開催してくれます。
説明会の内容ですが、初めて確定申告を受ける方向けの基本的な内容から、確定申告に慣れた方にも有益な情報を提供してくれます(最新の税制改正に関する説明など)。

説明会の後も、申告書を作るために有用なツールを提供して頂いたり、年明けの確定申告会では一人一人に対して個別に申告書作成のサポートをしてくれるので、初めての方でも安心して確定申告に臨むことができます。

このサポートがあるだけでも、PE-BANKを利用するメリットはかなり高いと言えるでしょう。他のエージェントさんで確定申告までサポートしてくれるところは聞いた事がありません。

もし、PE-BANKのようなエージェントを介さずに全てを自分で行なうフリーランスの方の場合は、確定申告のために相当な時間を割かれると思われます。
(実際には税理士さん等に外注されている方も多いかと思われますが)

健康診断補助金

個人事業主にとって、健康は会社員時代に増して重要です。
しかし、個人事業主になると、意外に健康をおろそかにする人が多いらしいです。
健康診断にまわすお金をためらってしまうとか、そもそも面倒くさいとか、理由は様々ですが。

PE-BANKでは、有難いことにエンジニアの健康診断の費用を補助してくれるサービスがあります。何と年に1回、上限2万円まで健康診断の費用を補助してくれるのです
(注:2018年11月時点の情報です)

正直、1万円でもそこそこ充実した内容の健康診断を受けることができますが、2万円までオッケーです。

上限が2万円にあがったのはここ最近で、前回私が健康診断を受けた際は上限1万円でした。それでも会社員時代とほぼ同等の診断を受けられたので、十分な金額だと思っていましたよ。
次回はもっと良い内容の診断を受けたいと思います。

しかも、この補助金は本人以外に配偶者も対象となります
素晴らしい!会社員ではないのに、こんなに充実してて良いのでしょうか?

40代のエンジニアであれば、仕事を続けていくにあたり、健康が最も重要な要素であると私は考えています。ましてフリーランスを目指すのであれば、この制度を利用しない手は無いです。

レジャー補助金

こちらのサポートも驚きました。少なくとも私が会社員時代にはこんな補助金は存在しなかったです。

これはエンジニアとその家族が、テーマパークや遊園地でレジャーを楽しんだ際の費用を補助してくれる制度です。

何と、年間で1万円まで補助してくれます!
全国のテーマパーク、遊園地のほかに、コンサートやスポーツ観戦の費用も補助金の対象になるようです。

私は、今年の8月に北海道の遊園地に家族で行ってきましたが、その時の入場料の領収書をもらって、PE-BANKに申請したところ、翌月の報酬と合わせて入場料の半額を補助金として頂くことができました。

小さいお子さんがいらっしゃるエンジニアの方にとっては非常にうれしい制度です。
これはなかなか会社員でも無い福利厚生ではないでしょうか。

インフルエンザ予防接種補助金

これも毎年冬になると有難い制度です。
インフルエンザの予防接種って、家族が何人もいると結構お金がかかりますよね。特に子供は2回接種しなければならないので、子供のいる家庭ではさらに出費がかさみます。

PE-BANKでは、エンジニア本人とその家族2名まで、一人当たり1500円を上限としてインフルエンザ予防接種の費用を補助してくれます。

家族3名で最大4500円まで補助してくれます。
最近では会社で補助するケースも増えてきたような気がしますが、フリーランスでもこのような恩恵にあずかることができるのは予想外でしたし、本当にありがたいことです。

ITセミナー受講支援

ITエンジニアは当然ですが技術があってナンボの商売です。
色々意見はあるかと思いますが、日々のスキルアップのための努力はマストです。

しかし、技術を身に着けるためにはある程度の投資が必要です。
今の時代は無料でも学習できる環境はありますが、全てを無料でやろうとすると時間が余計にかかるのも事実です。

トレーニング講習を受講したり、セミナーに参加したりすることで独学以上に短期間でスキルを向上させることができますが、当然お金がかかります。

そんなエンジニアのために、PE-BANKではIT技術のスキルアップを目的としたセミナーやトレーニング講習の受講料を1回につき半額(かつ上限50,000円)までを補助してくれます。

私はまだ利用したことはありませんが、自分が興味のある分野の有償セミナーに参加したい時は是非とも利用させて頂きたい制度ですね。

(2019.03.24追記)

最近、Udemyというオンライン学習サービスを知りまして、私も自分の仕事に関連するスキルについて学べるコースをいくつか購入し、受講を開始しています。私が購入したコースの費用についても補助対象と認めていただけるか問合せたところ、補助対象となるとの事でした。

Udemyにはさまざまなコースがあるので、コースごとに補助対象となるかを問合せる必要がありそうですが、業務で使用するスキルを学習するためのコースであることが証明できれば、かなりの確率で補助対象としていただけるのではないかと思われます。

Udemyについては以下の記事でも紹介していますのでご覧ください。

自己投資は大事だがコスパを考えよう ITエンジニアにとって継続的なスキルアップは必須です。特に、私のようなフリーランスにと...
世界最大級のオンライン学習サイトUdemy

その他にも充実したサポートが盛りだくさん

ここでご紹介したのはPE-BANKのサポートのほんの一部です。
この他にも色々なサービスがあり、会社員と同等かそれ以上の福利厚生を受けられる非常に素晴らしい内容となっています。

一般的に言われるフリーランスのデメリットをことごとくカバーしてくれるPE-BANK
フリーランスへの転身を検討されている方々には、このような福利厚生を受けられるエージェント企業はそうそう無いことをお伝えしておきたいです。