在宅ワークのためWimaxからNURO光に切り替え

子供のオンライン授業で感じたWimaxの限界

新型コロナウイルスのせいで、フリーランスエンジニアの私もすっかり在宅ワークの機会が増えました。
現在は、フルではありませんが、毎週3日は在宅ワークというスケジュールで仕事をしています。

同時に、子供の学校でもオンライン授業が行われるようになりました。
特に、長女の通う高校では、積極的にオンライン授業を行っており、一学期はほぼオンライン授業となりました。月に登校したのは4回くらいだったと思います。

こうなってくると、我が家のネットワーク環境ではそろそろ限界を感じるようになってきました。そもそも我が家では数年前からWimaxを使用していますが、私の在宅ワークや子供のオンライン授業が重なると、とてもじゃありませんがWimaxのスピードでは耐えきれません。

加えて、我が家のWimaxでは、3日間で10GBという制限があり、この制限を超えると18時以降のネットワークが激遅となってしまいます。
これまでも、日中に妻や子供が動画を見すぎたりしていると、私が仕事から帰宅してから、ネットワークが全く使い物にならないくらい遅くて文句を言う事もしばしば。

このままWimaxを使い続けると、日中は子供のオンライン授業と在宅ワークで容量を使いまくって、毎日18時以降は速度制限という地獄のような状態になることが容易に想像できました。

NURO光の1年目はやたら安い

という訳で、光回線への切り替えを早急に進めねば。
昔は、フレッツ光やau光を使っていた時期もあったのですが、現在うちの家族は誰もドコモ、au、ソフトバンクのスマホを使っていません。

携帯キャリア以外の光回線となると、「NURO光」かなと思い、色々調べ始めました。当然のことながら、光回線にすればWimaxのような速度制限も解消されますし、正直それだけでもメリットが大きいと思っていました。

NURO光のホームページを見て驚いたのは、
月額料金が1年間ずーっと980円」というフレーズ。
劇的に安いです。まあ今だけのキャンペーン価格なのでしょうが、これはさっさと申し込んだほうが良さそう。

ちなみに、13か月目以降は4,742円とちっちゃく書いていました。
でもこの値段も、今契約しているWimaxの月額料金とさほど変わらない。
以前auひかりを使っていたころは7000円台だったことを考えれば安くなったもんです。

札幌でのNURO光申込から開通まで

善は急げということで、早速NURO光を申し込むことに。
5/29にネットから申し込みを済ませました。
ちなみに、北海道は2019年12月12日から受付開始していたそうです。

事前にネットの声を調べていましたが、申し込みから開通まで数か月も待たされたなど、ネガティブな情報もありました。そんなに待たされたら嫌だなと思いつつ連絡を待っていると、宅内工事は6/6、屋外工事は6/21で予約できました。
何だ、これなら申し込みから1か月足らずで開通じゃんと楽観視してました。

宅内工事は6/6に予定通り実施。
元々au光を使っていた頃に光ケーブルを引きこんでいた管があったので、工事自体はスムーズに進みました。
で、ONUを宅内に設置してこの日の工事は完了。

上の画像のようなONUが設置されました。思ったよりもスタイリッシュな外観。珍しく横置きタイプのONUでした。

屋外工事は6/21に業者が来たのですが、ここで予想外の事態。
近くの電柱に、NURO光の設備がまだ届いておらず、この日中に回線を引きこむことは難しいとのこと。
来て10分で、業者は引き上げてしまいました。

後日NURO側から工事日の再検討の連絡が来ると聞いていましたが、ほぼ3週間ほど放置状態。待ちきれずにこちらから連絡して、ようやく工事日が決定。
7/28となりました。

当日は在宅ワークの日だったので、私が直接応対できて好都合。
仕事をしながら、窓から工事の進行を観察していました。
すると、家からだいぶ離れた電柱から、順に回線を引きこむ工事をしているようで、結局電柱3本以上またがった大工事になっていました。

ご近所さんも何事かと思ったでしょうね。
こうして、申し込みから約2か月でNUROの回線が開通しました。
まあ、2か月ならまだマシかなと思いましたけどね。

WimaxとNURO光の比較

早速、NURO光の無線設定を済ませて、速度を体感してみましたが、正直ネットをただ閲覧しているだけでは、さほど体感の差は感じないですね。
Wimaxも速度制限が発生していない状況であれば、そこそこ使えるレベルの速さでしたので。

せっかくなので、きちんと計測した数値で比較してみたいと思い、「SPEEDTEST」というアプリを使ってみることにしました。

まずは、現在使っている某Wimax。

ダウンロードが23.89Mbps、アップロードが2.08Mbps。
ちなみに、Ping値は数値が小さいほどレスポンスが速いという事です。

では、NURO光(無線)の結果はこちら。

ダウンロードでWimaxの約2倍、アップロードで20倍以上という結果となりました。Ping値もかなり低くなっているので、明らかにWimaxよりネットワーク速度は向上しています。

ただ、速度を追求するならやはり有線LANという事で、LANケーブル(カテゴリ5e)を接続して再度計測してみました。

圧倒的に速いです。
ダウンロードで497.63Mbps。桁が違いました。
在宅ワークするなら絶対に有線ですね。
ちなみに、LANケーブルについては、カテゴリ5eもしくは6を使用するのがベストで、7になると過剰性能という事でした(NURO光のサイトより)。

ただ、NURO光のホームページによると、下り最大2Gbpsと記載があるので、最大速度に比べるとだいぶ劣化しているとも言えますね。
こればかりは周辺の環境によるところもあるので何とも言えませんが。

とりあえず、今までのWimaxより明らかに速いことは証明できたので、NURO光に切り替えた甲斐があったというものです。
これからは速度制限を気にせずにネットを利用できるので一安心です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする